図化名人 アジア航測株式会社
製品情報
ユーザー企業一覧
申し込み
ダウンロード
FAQ
サポート
お問い合わせ


TOPに戻る

サイトマップ




当サイトは日本ベリサイン株式会社より認証を受けており個人情報はSSL暗号化通信により保護されます





<主要アプリケーション>

図化名人
図化名人の構成
アプリケーション
名人の道具箱
処理データ、成果品
図化名人GE2/SA2 使用上の注意について


図化名人GE2(航空写真版)&図化名人SA2(衛星画像版)


ge2sa2

図化名人GE2(航空写真版)
数値図化・編集アプリケーションにおいて、図化・編集が可能なデータ形式として、従来のMicrostation DGNフォーマット(V7/V8)、AutoCAD DWGフォーマット、DMフォーマットに加えて、Shapeファイルにも対応致しました。
    5format
◆従来のカテゴリーテーブルとレイヤーテーブルを統合しました。 ◆参照ファイルの設定画面で、複数フォーマットの図化データを同時に参照。また、Shapeフォーマット以外は変換も可能です。
rayer sanshou
   
◆シンボル登録ツールで、各フォーマットに対応したシンボルファイルの作成/登録できます。 ◆DGN(V7)用レイヤーマッピングファイル出力ツールや、レイヤーテーブル移行ツールで、従来のカテゴリーテーブルから、レイヤーテーブルへ移行できます。
symbol     v7rayer

    rayerchange
   

オプション機能 (図化名人GE2)
図化名人標準機能に加えて、
数値図化・編集アプリケーションには、【擬似ステレオモデル3次元図形編集機能】を
オルソフォト作成アプリケーションには、【国土基本図デジタルオルソ作成仕様対応】をオプション機能として用意しました。(オプション価格はこちらへ)

 

  ■ 擬似ステレオモデル3次元図形編集機能
 

・要素編集用プロジェクト作成機能
既存DGNファイルから図化名人プロジェクトを作成し、航空写真なしで3次元データの簡易図形編集ができます。

・孤立ポリゴンの検索、要素の削除機能
・TINの塗りつぶし表示(地形強調表示)機能 他

  ■ 国土基本図デジタルオルソ作成仕様対応
  デジタルオルソ作成作業要領に対応しました。
・経緯度図郭作成機能の高機能化
・経緯度図郭情報エクスポート機能
・グリッド形式DEM作成機能
・写真単位での経緯度解像度オルソ作成機能
・陰影段彩図作成機能
・段彩図凡例作成機能
・数値標高モデル納品形式変換機能
・基盤地図情報DEM変換ツール
   (国土地理院発行の基盤地図情報(数値標
   高モデル)から、図化名人で使用できる計
   測点データ形式、またはテキスト形式に
   変換します)
  ■ RasterViewer(オルソ連携表示機能)
 

・オルソ画像を含むラスタ画像とCAD・GISデータのベクタ画像を重ね合わせて表示させ、数値図化・編集アプリケーションの画面と連動させることが可能な機能です。位置情報付きのラスタ画像を、付属の「ラスター画像登録ツール」で変換して使用します。

rasterviewer

図化名人SA2(衛星画像版)
 対応衛星画像(RPCモデル) : ALOS(レベル1B1、1B2) 、QuickBird、IKONOS、
                     GeoEye-1、WorldView-1、WorldView-2
プロジェクト管理アプリケーションと標定解析アプリケーションを統合
 
(ALOS画像 著作権:JAXA 配布:RESTEC


■図化名人の構成

「図化名人」は、下記のアプリケーションによって構成されています。
 ・プロジェクト管理 ・標定解析 ・DEMの自動計測 ・数値図化/編集 
 ・オルソフォト作成 ・オルソフォトモザイク ・地上・斜め撮影標定支援モジュール
これらのアプリケーションを、必要に応じて使用しデジタルマッピングをおこないます。
また、各種データ処理ユーティリティを集め「名人の道具箱」として無償でご提供しています。


■機能一覧■
機 能
GE2(航空写真版)
SA2(衛星画像版)
標準アプリケーション
  プロジェクト管理
  標定解析
  自動DEM計測
QuickBirdは非対応
  数値図化・編集
  オルソフォト作成
  オルソフォトモザイク
  地上斜め撮影標定支援モジュール
オプション
  擬似ステレオモデル3次元図形編集機能
  国土基本図デジタルオルソ作成仕様対応


■アプリケーション

<プロジェクト管理アプリケーション>

図化名人は「プロジェクト」をひとつの作業単位としています。
最初に、プロジェクト管理アプリケーションにて作業に使用する航空写真の撮影縮尺、座標系、標定図、カメラ情報などの設定などをおこないます。(必須)
(図化名人SA2:衛星画像版は、プロジェクト管理アプリケーションと標定解析アプリケーションが統合されています)


プロジェクト管理アプリケーション

<地上・斜め撮影標定支援モジュール>

市販のデジタルカメラなどで地上・斜めから撮影した画像を使用する場合、地上・斜め撮影標定支援モジュールを使用し、写真画像の撮影点位置・視準位置を設定、調整します。
(通常の航空写真の場合は使用する必要はありません)
(図化名人SA:衛星画像版は対応しておりません)


<標定解析アプリケーション>

空中三角測量を行い、偏位修正画像を作成します。
外部標定要素の取り込みも可能です。
バンドル標定プログラムは(財)日本測量協会の電算プログラム検定を通ったGP_Bundleを使用しています。

・2輪読対応(基本図更新の作業マニュアル対応)
・バンドル標定結果の誤差分布表示
・自動パスポイント・タイポイント取得

<POSデータ(取り込み可能)>
POS-EO形式
<既存の外部標定データ(取り込み可能)>
写真測量学会形式、PAT-B ORI形式
SocetSet SUP形式、BLUH ORIENT.dat形式



標定解析アプリケーション

<自動DEM計測アプリケーション>

標定解析アプリケーションを使用して作成した偏位修正画像を使用してステレオマッチング処理をし、DEM情報を抽出します。

・計測DEMの深度表示
・マッチング指標の表示
・DEMフォーマットは公開

(図化名人SA2:衛星画像版はQuickBirdSのみ非対応です)


<数値図化・編集アプリケーション>

ステレオ画像を実体視しながら、図化します。
また、図化だけでなく、後工程でおこなわれていた編集作業を省力化できるよう、各種の編集機能も搭載しております。

 

<オルソフォト作成アプリケーション>

計測点データや3次元図化データから、図郭・または写真単位でオルソフォト画像を作成。等高線、正方メッシュDEM、TIN データも出力できます。
<オルソフォトモザイクアプリケーション>

写真単位で作成したオルソ画像を、モザイク処理します。オルソフォト間の色調調整機能も搭載しています。


■名人の道具箱

各種データ処理ユーティリティを集めたアプリケーション群です。図化名人ユーザのお客様であればどなたでも無償でご利用いただくことができますが、無償配布ツールの為、サポートの対象外です。予め御了承ください。

■DMデータ変換ツール
■数値地図50mメッシュ標高データ変換ツール
■図郭データ作成ツール
■dgn形式図郭データ変換ツール    など

注:DM変換ツール、図郭作成ツールはV8フォーマットには対応しておりません。
(DM変換ツールを使用する場合はV7フォーマットで出力してください。図郭作成については、オルソフォト作成アプリケーション上でV8フォーマットの図郭を取り込むことができます)



■処理データ、成果品

DMデータ、オルソ画像、地形TIN、等高線 等



図化名人GE2/SA2 使用上の注意について

図化名人GE2(航空写真版)、図化名人SA2(衛星画像版) 使用上の注意について




Copyright 2003  アジア航測株式会社
アジア航測株式会社